園のこだわり

~お餅つき~

2020年12月18日

今日は、保育園で餅つきをしました。朝から、園庭で火を起こしてもち米を蒸す準備をしていると、『けむりだ~!』『火事だ~!』とか『何するの~?』『お餅つきするんでしょ!』などの声があちこちから聞こえてきました。

もち米が蒸しあがって、園長先生や副園長先生にある程度ついていただいて・・さくら組の子どもたちが杵をもって交代でつきました。つく前は、見ながら『よいしょ!よいしょ!』と掛け声をかけたり、つく真似をしたりしていました。

 

実際につく時は、思っていたより杵が重たかったり、ついた時に餅が杵に引っ付いて引っ張られたりして悪戦苦闘している感じがみられましたが、楽しんでいる様子が見られ良かったです。

そして、ついた餅を小さくちぎってもらって、実際にさくら組の子どもたちは、丸める体験をしました。「やわらかいね~!」とか『マシュマロみたいだね~!』とか言いながらも丸めることは少し難しかったようでした。

そして、最後に毎年恒例のいももち(ねったぼ)を作って食べました!給食前だったので少しずつでしたが、子どもたちは、大喜びで😋美味しいと言いながら食べていました。

今年の餅つきは、新型コロナウイルス感染予防の為、地域の高齢者の方の参加も出来ず、さくら組のみ参加で実施しましたが、昔ながらの臼と杵を使って、お餅を作る体験が出来て良かったと思います。

 

 

主任  茂利

このページの一番上へ