園のこだわり

クラス参観の♬絵本・わらべうたあそび♬~ばらぐみ~

2020年11月18日

14日のばらぐみさんのクラス参観では、毎月「絵本・わらべうたあそび」の日に来て頂いてる対馬先生と田中先生に講師としてきて頂き、保護者の方々へのお話と、親子で楽しむ「絵本・わらべうたあそび」を紹介して頂きました。

 

保護者の方々へのお話では、子どもたちに見せたい絵本をたくさん紹介して下さいました。

子どもたちへの絵本は、成長に合わせて「たべもの」→「のりもの」→「どうぶつ」→「あそび」→「音やリズムのある本」の順番で、

取り入れていくと、子どもたちがより絵本を楽しめるようになるそうです。

絵本を教材にするのではなく、3歳くらいまでは本のとおりよまなくても、ページをめくることを楽しんだり、親子で絵をみながらやりとりを楽しんだりすることで良いのだということを、私たちも学ばせて頂きました。

 

お話の後は、ばらくみさんも参加して、親子でのわらべうたあそび♬

まずは、♬おちょずおちょず♬で「あわわわ」と口を触ってもらったり、♬ねずみねずみ♬でこちょこちょをしてもらったり、お父さん・お母さんとの触れ合いあそびに、ばらぐみさんは大喜び!!

いつも以上のかわいい笑顔を、たくさん見せてくれました♡

 

♬うまはとしとし♬  ♬いちりにりさんり♬

 

♬あしあしあひる♬

 

最後は、抱っこしてもらって、♬おらうちのどてかぼちゃ♬

子どもたちの笑顔あふれる時間となりました😊

 

子どもたちは、お父さん・お母さんの声が大好き♡

きくと安心するそうです。

「いってらっしゃい」「おかえりなさい」

たくさん声をかけてあげて、「だいすきよ」の言葉をそえて抱きしめることで、子どもたちは自分が大切な存在だと知り、自信につながっていくということも教えて頂きました。

保育園でも、わらべうたあそびは日々楽しんでいますが、やはりお父さん・お母さんとの触れ合いあそびに勝るものはありません。

そのことを、今日の子どもたちのとびっきりの笑顔を見て改めて思うことでした。

ぜひ!!ご家庭でも、われべうたを使った触れ合いあそびを楽しんで頂けたら・・・と思います!(^^)!

0.1歳児担任 上木原

 

 

 

 

 

 

 

このページの一番上へ