園のこだわり

英語あそび 楽しいなあ!

2020年10月13日

今日は、英語あそびの日でした。

月に1回の活動ですが、講師の先生(オズさん)の面白さや日頃あまり使わない英語にふれる楽しさに子どもたちはとても待ちわびています。しかも、オズさんは、鹿児島弁を使ったり顔の表情や動きなどが豊かであったり、子どもたちの人気者となっています。

 

もも組・うめ組・さくら組さんの順で実施です。どの組もオズさんの姿を見るなり大はしゃぎとなりましたが、オズさんの『3・2・1、はいっ忍者』というかけ声にぴたっと静かになりました。

まず英語であいさつを交わし、レッツダンスで楽しく踊ったり、AからZまでの発音や絵カードを使っての簡単な英単語に親しんだり、そして、今日のメインテーマである“ハロウィン”について絵カードや写真でいろいろと知ったり、ゲームをしたりしんだりして楽しくすごしました。各クラス25分間程度でしたが、あっという間に終わったような気がしました。お別れは先生とのタッチでしたが、オズさんのところにどっと押し寄せてバイバイをして終わりましたが、いつまでも名残惜しそうでした。次への意欲がいっぱい感じられたひと時でした。ご家庭でも子どもたちとの会話の一つにされたらいかがでしょうか。

帰られる時にオズさんに「疲れませんでしたか。」と聞いてみたところ、「いつも子どもたちの笑顔に癒されているんです。」と笑って答えられました。そして、「アイガトモサゲモシタ。」「オヤットサー。」とあいさつされて帰られました。

この「楽しいな」が他の活動への意欲へとつながったり、豊かな人間関係に寄与したりと発展していくことを期待しております。これからも、子どもたちの「楽しいな」を大事にしながら、保育活動に努めていきたいと思います。

 

副園長 竹添

このページの一番上へ