園のこだわり

ばら組さん、初めての”のり”製作☆彡

2020年3月13日

3月の月間製作で、ばら組さんは初めてののりを使った製作を行いました。その時の様子を紹介します。

今回は台紙に貼られた木の枝に梅の花と蕾をのりで貼りました(*´▽`*)

保育者の説明を聞き、「お母さん指を1の指にして塗るよ」と言葉掛けされると、人差し指をピンと立てて上手にのりを付けていました。

夏にどろんこ遊びや小麦粉粘土をした際は、手が汚れる感触にむずむずして「しない」と感触遊びが苦手な子どももちらほらいましたが、今回の指でのりを触る事は皆抵抗がなかったようです。慣れてきたのかなと、子どもたちの成長を嬉しく思いました(^▽^)

まだのりの適量や塗る加減が難しく、花が剥がれそうになったり、花の表面にものりを塗ってみたりという場面もありました。でも「せんせいこれでいい?」と確認しながら、自分でやってみようとする意欲的な姿をたくさん見られました(^^♪

梅の花と蕾の約8枚ののり付けで、途中で飽きてしまうかもしれないな……と思っていたのですが、予想に反して「つぎは?」「まだする!」と初めてののり製作に皆興味津々のばら組さんでした(*^▽^*)

完成した梅の花にうぐいすがとまって、春らしい作品になりましたよ✰ばら組の保育室に飾ってあるのでぜひ春を感じに遊びに来てください🌸

1年間の製作を通して、お絵かきもシール貼りも大好きになったばら組さん。4月からはゆり組さんです。もっと様々な体験ができるようになります。心も身体もぐんぐん成長してほしいなと願っています( *´艸`)

0・1歳児チーム 担任 田平

このページの一番上へ