園のこだわり

ゆり組さんのお昼寝タイム

2019年3月19日

寒い冬が終わり、冬眠していた動物や虫たちが目覚めて活動を始める春になりました。

だけど、季節の変わり目で体調が崩れやすかったり、

年度変わりで何かと気忙しくて疲れがたまってしまいがちな私たちにとっては、眠くてたまらない季節ですね。

そんな今、2階保育室に移行してからのゆりぐみさんのお昼寝は、リズム室に布団を敷いて寝ています。

「〇〇ちゃんの隣がいい」とか「端っこがいい」などと、自分の思いを主張してみたり、

ブランケットを几帳面に広げてからでないと横になれなかったり、

タオルの端をきっちり揃えてきれいにたたんでから枕にしたりと、

寝る前のちょっとしたこだわりがあるみたいで、最初はわちゃわちゃしてますが... (^-^)

保育者がとんとんしているうちに、ひとり二人と眠りにつき・・・やがて、小さな寝息が聞こえてきます。

お気に入りのブランケットにくるまり、安心しきって眠る寝顔がとってもかわいいです。

DSCF0407[1]

DSCF0408[1]

お昼寝から目を覚ますと、自分でブランケットを棚にしまいます

うまく入れられない時は、

ちゃんと子どもたち同士で手助けし合っているようです。

DSCF0415[1]

DSCF0417[1]

その後は、並べてある連絡帳と出席ノートの中から、自分の物をとってカバンに入れます。

この時も、自分のものを見つけられずに困っているお友達がいると、

かならず、誰かがみつけてあげていて、思いやりのある優しいゆり組さんたちだなぁっていつも思います。

DSCF0414[1]

次は、パジャマのお着替えですが、

移行前から練習していたので、みんなとっても上手です

DSCF0421[1]

脱いだパジャマをきちんとたたんでバッグに入れるまでを、

一人でできるように毎日みんな頑張っていますよ。

DSCF0423[1]

DSCF0425[1]

睡眠は、子どもたちの健やかな成長のために欠かせないものですので、

保育園でも快適な環境でお昼寝ができるようにしていきたいと思います。

 

ゆり組担任 島崎

 

 

このページの一番上へ