理念ブログ

食べるの大好き、“食”の大切さを!

2021年7月17日

私達には「食」は欠かせません。おいしいものをお腹いっぱい食べられる快感はだれでも望むところでありますが、一方では、いろいろな課題もあるようです。忙しい生活の中で「食」の大切さを忘れがちになってしまうことから生じた「栄養の偏り」「不規則な食事」「生活習慣病」等々があげられているようです。

そのような中で、先日は本園の給食室が嗜好調査を行い、クラスごとの結果を保護者の皆様にもお知らせしたところでしたが、今回は、本園全体の傾向を見てみました。

まず、朝食については、ほとんどのご家庭できちんととっています。内容はごはんとパンを中心としていろいろですが、慌ただしいからでしょうか家族そろってはなかなかのようです。また、半数以上がテレビをつけながら食事をしているようです。

次に、好き嫌いが77%もあり、その主なものは「野菜」でした。そこで、ご家庭では、栄養バランスを考えて野菜の摂取にいろいろと工夫されているようです。また、半数以上のご家庭でホットケーキやクッキーなどの手作りのおやつを作っているようです。おやつについては、時間を決めているところがほとんどでした。

人気のメニューは、カレーライス、麺類、唐揚げの順で多いでした。これらは、変わらない人気メニューだなあと思います。また、保育園の献立表については、毎日と時々を併せると、ほとんど見ていてくださり嬉しく思いました。

各家庭では、仕事等で生活の様式が異なっていてなかなか理想的な食生活とはいかないのが現状のようです。しかし日頃から「食」の在り方に関心を持つことも子どもたちの成長にとって大切だと思います。今後とも子どもたちの心身の健康づくりのために努めていきたいと思いますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

副園長 竹添

このページの一番上へ