理念ブログ

コロナウィルスにも、梅雨にも負けず!

2020年6月13日

4,5月は、保護者の皆様には新型コロナウイルス感染拡大防止の対策へのご協力をいただきまして感謝申しあげます。
さて、梅雨も本番となりましたが、保育活動が平常にもどりつつあります。二つの行事を紹介いたします。

まず、「絵本・わらべ歌遊び」です。地域の方が来園し、読み聞かせ等をしてくださいました。園児は、絵本の読み聞かせや物語の朗読に引きつけられ、情景を自分なりに大きく膨らませ、本の世界を散歩していました。本好きな園児がいっぱい増えてきています。この成果が家庭への絵本の持ち帰りに現れています。これからもいっぱい本を自分で見たり、保護者の方から読み聞かせをしてもらったりして本に関わる機会を増やして欲しいものであります。

次に、先日さくら組さんがバスで喜入のグリーンファームへ行って楽しんだ園外保育です。梅雨の晴れ間喜入は涼しくて、新しく設置された遊具で友だちと仲良く元気いっぱいに遊びました。遊具の上から「園長先生、ここ、ここ。」とか声をかけてくれたり、網を持ってバッタやチョウを捕まえるために追いかけたりしていました。捕まえたバッタやチョウの虫かごの周りに何人も集まって、のぞき込んで観察をしていました。アスレチックでは、太い綱に小さな手で捕まりながら、難所を乗り越えたり、グラグラする台の上に乗り移ったりして行きました。たくましさを感じました。楽しく学ぶ中で、いろいろなことを身につけつつあると思いました。

このように、いくつもの行事も計画通り進められるようになり、保育活動もさらに充実が図られていきます。
これからも、新型コロナウィルス感染症拡大防止策の徹底を図りながら今後の保育活動を進めていきたいと思っています。皆様のご協力方よろしくお願いいたします。

園長 宇治野昭一

このページの一番上へ