理念ブログ

園歌と理念!

2020年4月25日

令和2年度も早いもので約1カ月が過ぎようとしています。途中、新型コロナウィルス感染症拡大防止策として“密集”を避けるために、もも組とうめ・さくら組とに分けての生活環境へと変わりましたが、子どもたちは順応性が早く、その環境に慣れて元気よく活動している毎日です。
ところで、学校に「校歌」があるように、保育園にも「園歌」があります。創始の気持ちを込め、また、園風の高揚をねらいとして作られたもので、入園式や運動会・卒園式などで声高らかに歌われていますが、リズミカルな曲と思いの詰まった歌詞は親しみやすく、子どもたちも楽しそうに歌っています。

ところで、歌詞をよく見てみますと、本園の目指す姿が十分に感じられています。
一番では、お互いの心と心を通わせて、仲の良い竹の保育園を目指そうとしています。
二番では、たくましく大きく伸びていく元気な竹之迫保育園を目指そうとしています。
三番では、みんなで考え、力を合わせ、夢を追いかける楽しい竹之迫保育園を目指そうとしています。
子どもたちが歌っている声を聴くと、「いい歌だなあ。」と思います。これからも、理念のつまったこの園歌をみんなで大事にしていきたいと思っているところです。

現在、新型コロナウィルス感染症拡大防止のために皆様にもいろいろとご協力をいただいているところであり、お礼を申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

副園長 竹添

このページの一番上へ